ルームウェア(部屋着)・パジャマの通販「ナルエー」 TOP > Column > 

ボディラインを美しく! 正しいブラジャーの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ボディラインを美しく! 正しいブラジャーの選び方

ボディラインを美しく! 正しいブラジャーの選び方


美しく整ったバストは世の中の女性の憧れです。

美しいバストをつくるために欠かせない「ブラジャー」ですが、しっかりと自分のバストにピッタリのものを着けていますか?
自分に合ったブラジャーを着けていないと、バストだけでなく健康にまで影響が。

着けているブラジャーが合っているかをチェックするポイントと、ピッタリのブラジャーを見つけるためのコツをお伝えします。

すぐできるセルフチェック


普段何気なく着けているブラジャー、着け心地に違和感を覚えることは少ないかもしれません。

しかし、気が付いていないだけで胸にはとっても負担がかかっているかも。
「ブラジャーを買うときはサイズだけ見て買っている」「長いこと同じブラジャーをつかっている」そんな方は要注意。
以下の項目に当てはまる方は、ブラジャーのサイズが合っていない可能性が高いです。

■ブラジャーのカップが胸から浮いている
■ストラップがよく落ちる
■軽い運動をすると胸が大きく揺れる
■ブラジャー全体が上にずり上がってくる
■脇部分から肉がはみ出している
■背中のホック部分が上に上がっている

いかがですか?
今着けているブラジャーはバストにフィットしているでしょうか。
サイズの合わないブラジャーを着けていると、身体にさまざまな影響を及ぼしてしまうのです。

ブラジャーがバストに合っていないと……


ブラジャーのサイズが合っていないとバストのサイズが小さくなってしまうということはよく知られていますが、その他にも以下のような弊害が起こります。

■バストが垂れてくる
■バストの形が悪くなる
(左右のバストが離れる・左右の高さが変わる等)
■肩こり、頭痛が起きやすくなる
■乳房の異常を引き起こす

ボディラインが崩れてしまうだけではなく、バストの位置を適切に保てないことによる肩こりや、肩こりによって引き起こされる頭痛などの体調不良の原因にもなってしまうのですね。

また、ワイヤーが乳腺を傷つけてしまうことでデリケートな乳房に異常を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

自分にピッタリのブラジャーを選ぶには

自分にピッタリのブラジャーを選ぶには


バストのサイズだけでなく女性の健康にも関わるブラジャー。
しっかりと自分に合ったものを選ぶために、以下の2つのポイントを押さえておきましょう。

フィッターさんにサイズを測ってもらう!
下着専門店やデパートの下着コーナーには、バストのサイズ計測専門のフィッターさんがいるはずです。
購入する際には、必ずフィッターさんにサイズを測ってもらうようにしましょう。
また、女性のバストのサイズは変化するため、購入する際は毎回サイズを測ってもらうことが大切です。




ボディラインを美しく! 正しいブラジャーの選び方

選ぶのは生理が終わってから!
生理前は胸が張り、バストのサイズが変わってしまう可能性があります。
中には1カップ変化するという方も。

さらに、ホルモンバランスの影響で全身がむくみがちです。
ブラジャーを選ぶのは生理が終わってから、体調が整っているときにしてください。

測ってもらったら試着をし、着け心地をチェックしてから購入しましょう。
フィッターさんに相談しながら選ぶのが一番のオススメです。

ブラジャーの寿命はおよそ1年です。
しっかり測ってもらったブラジャーでも、時間の経過によって劣化し、バストにフィットしなくなってしまいます。
定期的にサイズを測って買い替え、自分にピッタリのブラジャーで美しいバストを目指しましょう。