• facebook
  • instagram
  • favorite
  • Shopping Cart



新着商品

2017.08.09

FINAL SALE開催中!夏の大セールいよいよ終了!


HOME > Column > 機能性もオシャレも! マタニティルームウェアの選び方
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

機能性もオシャレも! マタニティルームウェアの選び方

機能性もオシャレも! マタニティルームウェアの選び方


どんどんお腹が大きくなる妊娠中は着るものに悩むことも多いもの。
特にルームウェアは楽なものが良い反面、暖かさやお腹を支えてくれるような機能性も重要ですし、オシャレなものが良いという気持ちもありますよね。

今回は妊娠中の女性にオススメしたい、マタニティルームウェアの選び方について紹介します。

ゆったりデザインのワンピースやチュニック・マタニティパンツ


妊娠中はお腹を締め付けないよう、ゆったりデザインで脱ぎやすいものを選ぶのがgood。
着脱しやすいデザインのものを選ぶと、妊婦健診などの時にも重宝します。

ふんわりとしたワンピースやチュニックなどなら、お腹が大きくなってからも圧迫感なく使うことができますし、産後も利用しやすいのでオススメ。
ワンピースなどは前ファスナーやボタンになっているものを選ぶと、産後の授乳期にも使いやすいアイテムになります。
前開きのシャツワンピースなどは羽織りものとしても使えますし、授乳期にも良いですね。
デザインも自分好みのオシャレなものを選べば、ずっと着られるお気に入りアイテムとして活躍してくれますよ。

またゆったりしたマタニティルームパンツもオススメしたいアイテム。 部屋着としてはもちろんパジャマとして着ることもできますし、お腹まで暖かい腹巻き部分が付いているため寒い季節にも安心です。

どんな季節でも使えるマタニティボトムス


どんな季節の妊婦さんにもオススメなのがマタニティボトムス。
お腹が大きくなると普段のボトムスは履けなくなってしまうので、なるべく早めに用意しておくと良いでしょう。
チュニックやワンピースの下にマタニティボトムスを履けば、マタニティ用のウェアなどを特別買い足さなくてもOK。
お腹周りは腹巻きのようになっており、しっかり温めながらお腹を支えてくれるため安心感もあります。
妊娠初期から妊娠後期までフルに活躍してくれますよ。

お腹の大きさに合わせてウエストを調節できるものやゴム仕様のものなど、色々なタイプのマタニティボトムスがあるので、自分の好みに合わせ選ぶと良いでしょう。

なるべく肌触りの良いものを選ぶことも大切

なるべく肌触りの良いものを選ぶことも大切


妊娠中は肌が敏感になるため、肌触りの良い衣服を選ぶことも大切なポイント。
特に毎日着るルームウェアは、肌に合わないとかゆみや肌荒れが起こることもあるので、触り心地などを確認することも大切。

また産後は赤ちゃんがお母さんの洋服に触れることもあるので、肌に優しいオーガニックコットン素材の衣服などがオススメです。

お産入院の時にも使えるパジャマを


出産入院時に病院で着るパジャマも、なるべく早めに用意しておきたいアイテム。
病院では寝たまま診察を受けたりすることもあるので、前開きのパジャマを用意しましょう。
授乳口があるマタニティ用のパジャマだと、赤ちゃんの夜泣きの時にも便利でオススメです。

パジャマのパンツは妊娠中から出産後まで着やすいよう、ウエスト調節ができるものを選ぶと良いですね。
大きなポケットなどが付いていると、お産パッドやティッシュ・サイフなど必要なものをバックなく持ち運べて便利です。

可愛らしいだけでなく機能が充実したマタニティルームウェアは、お家の中の時間も楽しくしてくれます。
ぜひお気に入りの一着を見つけてくださいね。