TOP > Column > 美乳のためには「夜もブラジャー」が正解ってホント?
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

美乳のためには「夜もブラジャー」が正解ってホント?

美乳のためには「夜もブラジャー」が正解ってホント?


私たちは日中、当然のようにブラジャーを着用しますよね。
しかし実は、夜もブラジャーをして寝たほうが良いってご存じでしたか?

なぜ就寝中もブラジャーが必要なのか、夜用のブラジャーの選び方とあわせてご紹介します。

ブラジャーを着けずに寝た時の影響とは


≪バストが垂れる≫
「寝ている時は身体が横になっているため、バストが垂れる心配はない」と思いますよね。
しかしそれは大きな誤解で、ノーブラで寝ているとバストが垂れるリスクがあります。
たとえば身体を横向きにして寝ている時、あなたのバストの形はどうなっていますか?

実際に横向きに寝ると、バストが横に流れて左右のどちらかに垂れていることに気づくはずです。
寝ている時は長時間そのままの姿勢でいますから、バストにかかる負荷は大きいといえるでしょう。

≪左右のサイズに違いが出る≫
ノーブラで身体を横向きにして寝ていれば、下にしているバストに脂肪が流れやすくなります。
それはつまり、左右のバストサイズに違いが出てしまうということです。
横向きに寝るクセがある方は、いつも下にしているサイズが大きく、上にしているサイズが小さい傾向があるでしょう。

≪バストの形が崩れる≫
今度はノーブラのまま、仰向けに寝てみましょう。
左右のバストが身体の外側に流れて、大きく離れてしまっていませんか?
そのまま固定されれば谷間ができない離れバストになりますし、バストの脂肪がワキから背中へと流れてしまうため、サイズダウンする可能性もあるでしょう。

夜はどんなブラジャーをすれば良いの?

夜はどんなブラジャーをすれば良いの?


≪夜に昼用のブラジャーをするのは厳禁≫
上記を読んで、「じゃあ昼用のブラジャーを夜も着けて寝よう」と思った方がいるかもしれません。
しかし普通のブラジャーは締め付けが強く、長時間の着用には向いていません。
それどころか、きついブラジャーをつけたままでいると、乳がんになる確率も高まるといわれています。
そのため、昼用のブラジャーを夜に着用することはおすすめできません。

≪ワイヤーが入っていないナイトブラを着用する≫
夜におすすめのブラジャーは、ワイヤーの入っていない夜専用のナイトブラです。
特に外側から内側に向かって、生地をクロスさせているナイトブラが良いでしょう。
ワイヤーが入っていないと柔らかくて頼りないように感じるかもしれませんが、きちんとしたナイトブラを選べば、バスト崩れのリスクを回避することができますよ。
また、着用する時はバストの下に手を入れ、すくい上げてからナイトブラに密着させると効果的です。

数年先も綺麗なバストをキープするために、ナイトブラの着用を習慣化してみてくださいね。