• facebook
  • instagram
  • favorite
  • Shopping Cart



新着商品

2017.07.25

BEAUTYコラム更新しました! 【やっぱりちょっと気になる……。男性から人気のブラの色&デザイン】


HOME > Column > 下着姿や裸での睡眠はNG。夏こそ「パジャマ」を着るべき理由
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

下着姿や裸での睡眠はNG。夏こそ「パジャマ」を着るべき理由

下着姿や裸での睡眠はNG。夏こそ「パジャマ」を着るべき理由


湿度が高くムシムシとしていて、寝苦しさを感じずにはいられない日本の夏。
「少しでも涼しい状態で眠りにつきたい!」という思いから、下着姿や裸になってベッドに横になっているという方もいるのではないでしょうか。
たしかに、下着姿や裸など素肌を出した状態でベッドに寝転ぶと、涼しさを感じる上に解放感も加わって気持ちがいいものです。

しかし、下着姿や裸での睡眠は、健康や美容面に悪影響を与え、衛生的にもよくないと言われています。
夏の健康と美しさ、清潔感をキープするためには、暑さを感じても「パジャマ」の着用が必須なのです。
一体なぜ、夏の睡眠にパジャマが必要だと言われているのか、その気になる理由をご紹介いたします。

パジャマを着ずに寝ると夏でも体が冷えてしまう


ムシムシとした暑さを感じる夏の夜でも、下着姿や裸で寝ると体が冷えてしまうことがあります。
寝ている間には汗をかきますが、その汗が蒸発するときに体温も一緒に奪っていってしまうため、一気に体温が下がるのです。
体の冷えは、血行不良や肩こりなどを引き起こすため、健康へのダメージが大きいもの。
血行不良が起きると、肌荒れやむくみなどの原因にもなることから美容にも悪影響を与えてしまいます。

本来睡眠は、体を休めて健康や美容に良い効果をもたらすものです。
しかし、パジャマを着ずに寝てしまうと、体に良い効果を与えるところか、健康や美容を脅かしてしまいます。
暑いからという理由でただ薄着になるのではなく、その先の健康や美容を意識して正しい姿で睡眠につくことが大切です。

締め付けの強い下着が快眠の妨害に……?


下着を着用して寝ることには賛否両論ありますが、形のいいバストをキープするためにはナイトブラなどの使用が欠かせません。
しかし、そのブラジャーのサイズが合っていなかったり、締め付けが強すぎたりすると、質の良い睡眠をとることができなくなってしまうのです。

とくに夏場は、締め付けの強い下着をつけていることで、余計に暑さを感じやすくなります。
下着の中で汗をかくと、蒸れが起きて肌トラブルの原因になることもあるため、なるべく締め付けのないものを着用するようにしましょう。

寝ている間に分泌されている汗や皮脂がベッドを汚す

寝ている間に分泌されている汗や皮脂がベッドを汚す


じっと静かに座っているだけでも汗をかく夏場は、寝ている間にも汗や皮脂を分泌しています。
パジャマを着ていれば、その寝汗や皮脂を吸収してくれますが、下着姿や裸で寝ている場合はベッドに敷いてあるシーツが吸収します。
すると、その汗や皮脂汚れはシーツの下のマットレスにまで到達し、ベッド全体を汚してしまうのです。マットレスに染みこんだ汗や皮脂は、カビの原因となることもあるため注意が必要です。

また、寝ている間に落ちた角質なども気を付けたいポイント。寝ている間に剥がれた角質がベッドに落ちてしまうと、それを餌とするダニが繁殖する危険もあります。
カビやダニはアレルギー発症の原因にもなるため、衛生面はもちろん健康のためにもベッドを清潔に保つことが重要です。

暑い夏にパジャマを着ることに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、健康や美容、衛生面のことを考えてみると、下着姿や裸での睡眠のデメリットが分かります。
夏場でも、素材にこだわった肌触りの良い綿製のパジャマや、デザインがキュートなパジャマを選べば、着心地も気分もアップするはず。お気に入りの1着を見つけて、夏の睡眠環境を整えていきましょう。