ルームウェア(部屋着)・パジャマの通販「ナルエー」 TOP > Column > 寒い冬の夜に厚着で寝るのはNG!? 質の良い睡眠のための服装とは
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

寒い冬の夜に厚着で寝るのはNG!? 質の良い睡眠のための服装とは

寒い冬の夜に厚着で寝るのはNG!? 質の良い睡眠のための服装とは

冬の夜は冷え込みが厳しく、手足が冷えて眠れないという人もいることでしょう。
しかし、睡眠時に厚着をしてしまうと睡眠の質が下がるといわれているので、着込まないように気をつける必要があるのです。

一体、服装と睡眠にはどんな関係性があるのでしょうか?
早速チェックしてみましょう。

睡眠時の厚着にはどんな問題がある?

冬の朝に起きたとき、しっかりと睡眠をとったはずなのにダルく感じることはありませんか?
十分に眠っても疲れがとれない原因は、もしかすると睡眠時の服装のせいかもしれません。

寒い夜に、厚手の衣類の上からカーディガンやベストを羽織ったり、着る毛布を重ね着したりしてから分厚い布団をかぶって寝たりしていませんか?
このように重ね着をして横になると、寝返りがうちにくくなるというデメリットがあります。
睡眠中の寝返りには、背骨の歪みや筋肉の硬直を防いだり、眠りのリズムを整えたりする効果があります。

そのため、着込みすぎて寝返りをスムーズにうてない状態だと、眠りが浅くなったり疲れがとれなかったり、体が痛くなったりしてしまうのです。

睡眠の質が下がってしまう原因とは?

人の体は、睡眠中に軽く発汗することで緩やかに体温を下げていきます。
しかし、厚着をして寝てしまうと睡眠時にかいた汗を上手く発散できないため、体がより冷えやすくなってしまいます。
汗による体の冷えは血流を悪くしてしまい、これが睡眠の質の低下につながってしまうのです。

また、重ね着をしてしまうと圧迫感で体がしめつけられやすくなります。
この状態が朝まで続いてしまうと、血管が圧迫されて血流が滞ってしまう恐れも出てきます。
血流が悪くなると体は冷えやすくなりますし、疲れもとれにくくなってしまうので注意しましょう。

睡眠の質をアップさせるための服装は?


睡眠の質をアップさせるための服装は?

冬場の睡眠の質をアップさせるためには、寝るときに厚着をしないことが大切です。

また、ポリエステル素材などのジャージやゴワゴワしたスウェットは、発汗したときに体を冷やしてしまいやすいので、できるだけ避けるようにしてください。
綿やウール、ダブルガーゼといったナチュラルな素材のパジャマなら、発汗したときに汗を外に発散しやすくなります。
血流を改善して寝返りをうちやすくするためにも、あまり分厚くないサラリと着られるパジャマを選ぶのが良いでしょう。

まだまだ夜は冷え込みが厳しいものですが、睡眠時にはできるだけ厚着を避けて過ごすことが大切です。
ナチュラル素材のパジャマを身につけて眠り、睡眠の質をグッとアップさせましょう。