ルームウェア(部屋着)・パジャマの通販「ナルエー」 TOP > Column > 暑い夏の夜に。快眠をもたらす夏におすすめのパジャマの素材5つ

暑い夏の夜に。快眠をもたらす夏におすすめのパジャマの素材5つ

暑い夏の夜に。快眠をもたらす夏におすすめのパジャマの素材5つ


気温や湿度が高い日本の夏は寝苦しく、毎日しっかり眠るためには、パジャマ選びが大切です。
今年はデザインだけではなく生地の素材にこだわってパジャマを選んでみませんか。
今回は夏におすすめのパジャマを5つ、素材別にご紹介します。

  1. 【目次】
  2. 1-1. さらっと着心地の良さなら、綿100%素材
  3. 1-2. 綿とポリエステルのいいところを取った素材、綿混素材
  4. 1-3. 肌との一体感を感じる素材、シルク素材
  5. 1-4. 赤ちゃん用の肌着によく使用される、ガーゼ素材
  6. 1-5. 着心地が軽めの素材、麻素材

さらっと着心地の良さなら、綿100%素材

綿100%の生地の特徴は、「夏は涼しく、冬は暖かい」ということです。
夏の時期は汗をいつも以上にかきますが、綿は吸水性が高いため、水分を吸収して汗を外に放出してくれます。
綿100%のパジャマは吸汗性・発散性、通気性(涼しさ)に優れ、汗をたくさんかいても服がまとわりつかず気持ちよく着ることができます。

綿とポリエステルのいいところを取った素材、綿混素材

2種類以上の繊維を混ぜて糸を紡ぐことを混紡と言います。ここでご紹介する綿混は綿とポリエステルの混合素材です。
綿の吸収性が高く通気性が良いところにポリエステルの耐久性に優れ速乾性があるところをもったものが綿混素材のパジャマになります。

肌との一体感を感じる素材、シルク素材

シルクの原料は繭糸からできており、人の皮膚と同じタンパク質から構成され、肌触りの良さで言うと一番の素材になります。
汗の吸収性が十分高いためムレて寝苦しいことはありません。

赤ちゃん用の肌着によく使用される、ガーゼ素材

ガーゼは汗をよく吸い吸収する特性のある吸湿性、吸収した水分を発散させる特性もあるので、常にさらっとした心地よい肌触りの良い生地です。
暑い夏の夜でも肌にくっつかず、比較的快適に眠ることができます。

着心地が軽めの素材、麻素材

着心地が軽めの素材、麻素材

麻と聞くとチクチクする生地というイメージもありますが、麻(リネン)は汗を吸い発散する特性か繊維の中で断トツに優れており、暑い日に着るとひんやりとした着心地になります。
寝汗の多い方、暑がりの方にとても適しています。

夏の寝苦しさを緩和するポイントは、涼やかな使用感、汗を吸って発散させる生地を選ぶこと。
さらっとした肌触りが不快感を減らし、快適な睡眠となります。
昔と違い今はパジャマの種類も増え可愛いデザイン、シンプルなデザインなどから選ぶことができます。
今年の夏はご紹介した夏のパジャマ選びのポイントを押さえ、生地の素材からご自分にあったものを選んでみてください。