ルームウェア(部屋着)・パジャマの通販「ナルエー」 TOP > Column > 型崩れ知らず! お気に入りのパジャマを美しく保つ正しい干し方

型崩れ知らず! お気に入りのパジャマを美しく保つ正しい干し方

型崩れ知らず! お気に入りのパジャマを美しく保つ正しい干し方


お気に入りのパジャマを見つけたら、その見た目の美しさや着心地の良さを、いつまでもキープさせたいですよね。
そのためには、パジャマを洗濯したあとの干し方がとても重要になります。
大切なパジャマをキレイな状態のままキープするために、正しい干し方をチェックしてみましょう。

  1. 【目次】
  2. パジャマの干し方@:洗濯後はできるだけ早く、シワを伸ばしながら干す
  3. パジャマの干し方A:トップスはハンガーに干して
  4. パジャマの干し方B:ボトムはピンチハンガーで吊り干しに
  5. パジャマの干し方C:長めのワンピースは物干し竿を使って

パジャマの干し方@:洗濯後はできるだけ早く、シワを伸ばしながら干す

パジャマの洗濯を終えたら、すぐに洗濯機から出して干しましょう。
脱水後に長時間放置しておくとシワが寄ったり、雑菌が繁殖したりしてしまうので、1秒でも早く干すことが大切です。

そして干すときは両手ではさみながら軽く叩いて、細かなシワを取り除きましょう。
強く引っ張ると生地を傷つけたり、伸びたりするので避けてくださいね。
ちなみにパイル素材のものは、上下に軽く振ると◎。
繊維が立って、ふんわりとした質感を取り戻すことができます。

パジャマの干し方A:トップスはハンガーに干して

上半身に着るトップスは、ハンガーに干すと型崩れを防ぐことができます。

ただし、左右の肩の位置がずれていると、キレイな形が保てません。
ハンガーにかけるだけでなく、形をしっかり整えた状態で干しましょう。
なお、ニット素材のような伸びやすいものは、水分や衣類の重みで腕の部分が伸びてしまうことがあります。
伸びやすい生地のものは、腕の部分を肩に乗せた状態で干しましょう。

パジャマの干し方B:ボトムはピンチハンガーで吊り干しに

下半身に着るボトムは、洗濯ばさみのついたピンチハンガーを使って干しましょう。
ウエストのゴムの部分をはさむことで、シワや跡をつけずにキレイに干すことができます。
はさんだあとは軽く下に引っ張って形を整え、両手で叩いてシワを取りましょう。
ポケットがついているものや生地が厚めのものは、裏返しにして干すと早めに乾きますよ。

パジャマの干し方C:長めのワンピースは物干し竿を使って

パジャマの干し方C:長めのワンピースは物干し竿を使って

ワンピースは、丈の長さによって干し方を変える必要があります。
ミニ丈のワンピースの場合は、トップスと同じような干し方でOKです。
しかしマキシ丈のような丈が長めのワンピースは、ハンガーにかけて干すと、重みで肩紐や襟周りが伸びてしまうことも。
長めのワンピースは軽く振ってシワを取ったら、物干し竿に乗せて、2つ折りにした状態で干しましょう。
生地がM字になるように、2本の竿を使って干す方法も◎。衣類に負担がかからないうえに、早く乾くのでおすすめです。
就寝時に必ず着用するパジャマは、普段着より洗う頻度・干す頻度が多いもの。
お気に入りのパジャマを長く美しく着続けるために、正しい干し方を心がけましょう。