ルームウェア・パジャマの通販「ナルエー」 TOP > Column > 「かわいい」はキープ。冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術

「かわいい」はキープ。冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術

「かわいい」はキープ。冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術


冬は外だけでなく、お家の中も寒く冷えるもの。
特に気温が低下する日は「ルームウェアだけだと、ちょっと肌寒い」と感じてしまうこともありますよね。
そこで今回は、ルームウェアで暖かく過ごすための着こなし術をご紹介します。
ちょっとした工夫で体感温度がガラッと変わるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 【目次】
  2. 冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術@:靴下・レギンスなどで足元を温める
  3. 冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術A:腹巻きを着用する
  4. 冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術B:タートルネックのインナーを着る
  5. 冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術C:ガウンを羽織る
  6. 冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術D:ルームブーツを履く

冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術@:靴下・レギンスなどで足元を温める

「冷えは足元から」とよくいわれるように、下半身が冷えると血液の巡りが悪くなり、体全体が冷えてしまいます。
そんな足元の冷えの予防には、靴下・レギンス・レッグウォーマーの着用がおすすめ。
いつも着ているお気に入りのルームウェアにプラスするだけで、体の冷えが嘘のように解消できますよ。
ただし、いずれも締め付けが強いと、かえって血行が悪くなり、冷えを招いてしまいます。適度にゆとりのあるサイズを選びましょう。

冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術A:腹巻きを着用する

お腹が冷えて辛いなら、ルームウェアの下に腹巻きをプラスしましょう。
子宮が温まるため、ホルモンバランスを整える効果、生理痛などの不快症状を防ぐ効果も期待できます。
最近ではオシャレでかわいい腹巻きもたくさん登場しているので、積極的に取り入れてみましょう。
ズレやめくれが気になる人には、パンツと一体型になった腹巻パンツがおすすめです。

冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術B:タートルネックのインナーを着る

寒い日はマフラーが欠かせませんよね。
その理由は、首に通っている太い動脈を温めることで、全身を巡る血液の冷えを防げるからです。
ですので、お家の中でも寒いときは首を温めましょう。
タートルネックのインナーをルームウェアの下に重ね着すると効果的です。
肩や首を温めることで、肩こりや頭痛を防ぐ効果も期待できますよ。

冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術C:ガウンを羽織る

「お家の中でもオシャレにかわいく防寒したい」という人は、ガウンを羽織りましょう。
厚みのあるガウンなら、まるでコートを着ているときのように体がポカポカと温まります。
モコモコ素材を選べば、かわいさも100点満点。お家デートのときにもおすすめです。

冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術D:ルームブーツを履く

冬の寒さを防ぐルームウェアの着こなし術D:ルームブーツを履く

靴下やレギンスを履いても足が冷えるなら、ルームブーツを取り入れてみましょう。
ルームブーツは足を全方位からすっぽりと包み込んでくれるため、頑固な冷えをしっかり防ぐことができます。
寒い部屋で家事や作業をするときも、ルームブーツがあれば安心です。
お家の中の寒さは、ルームウェアに防寒アイテムをプラスすることで防ぐことができます。
暖房器具の設定温度を上げる前に、まずは取り入れてみてはいかがでしょうか。