TOP > Column > 睡眠の質が良くなれば、美容効果がUPするってホント?

睡眠の質が良くなれば、美容効果がUPするってホント?

睡眠の質が良くなれば、美容効果がUPするってホント?


心身の疲れを癒すには、十分な睡眠が必要です。実は、美容も睡眠が深く関係しているのをご存知でしたか?
今回は、睡眠が及ぼす美容効果、睡眠の質を上げるためのポイントをご紹介します。

  1. 【目次】
  2. 睡眠の質が上がれば美容効果も上がる
  3. 睡眠の質を上げる?!パジャマのいろんな効果
  4. ポイントを抑えてパジャマを選ぼう
  5. まとめ

■睡眠の質が上がれば美容効果も上がる

睡眠中に分泌されるホルモンによって、美容促進・美肌効果が期待できます。美肌を保つためには、ホルモンによって促進される肌の生まれ変わりが重要なのです。


・睡眠中に分泌されるホルモン

睡眠中は、さまざまなホルモンが分泌されています。その中でも、美肌効果が高いと言われているホルモンが「成長ホルモン」です。成長ホルモンは、"身長を伸ばす"ことでよく知られていますが、実は身体のさまざまな機能をコントロールする重要な役割を担っています。成長ホルモンは子どもだけではなく、大人にも必要不可欠なホルモンなのです。

成長ホルモンは体内で作られる物質のひとつで、睡眠後に深い眠りに入ると分泌がはじまります。この成長ホルモンには、細胞の修復や疲労回復の働きがあります。
細胞の修復とは、美容業界でよく使われる「アンチエイジング」と呼ばれているものです。【肌のハリを保つ・肌内のうつおいを保つ・肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を正常化する】など美肌には必要な働きが詰まっています。

・睡眠こそが美肌への第一歩

睡眠によって分泌された成長ホルモンが、肌や内蔵を修復するには、およそ6時間かかるといわれています。睡眠不足や浅い眠りが続くと、成長ホルモンが十分に分泌されなくなるため、質の良い睡眠を心がけましょう。"睡眠不足で肌荒れになる"と言われているのは、このことが関係しているのです。
夜眠くなるのは、「メラトニン」というホルモンが関係しています。日中に分泌される「セロトニン」と呼ばれるホルモンが、メラトニンの分泌を促しています。日中に十分な日光を浴びたり、正しい食生活を送ることで、この2つのホルモンが正常に分泌され、質の良い睡眠が維持できるのです。

■睡眠の質を上げる?!パジャマのいろんな効果

睡眠の質を上げるためにはストレッチ、入浴、アロマテラピー、音楽鑑賞など、さまざまな方法があります。その中でも、簡単に取り入れることができるパジャマについて見直してみませんか?
パジャマには、以下のような効果が期待できます。


・パジャマで「睡眠スイッチの切り替え」

眠る前にパジャマを身につけることで、気持ちが切り替わり「眠りのスイッチ」が入ります。このルーティンを繰り返すと、寝付きが良くなる効果が期待できるのです。
「眠りのスイッチ」をONにするためには、ルームウェアをパジャマ代わりにするのは控えましょう。

・快適な姿勢で眠りにつける

柔らかい素材でできたパジャマは、体を締め付けることがなく、寝返りも楽にできます。睡眠中も自由に動けることで、寝心地の良い体勢をキープできるのです。

・パジャマが肌を守る+新陳代謝UP

人は、睡眠中にコップ1杯もの汗をかくと言われています。寝ている間にかいた汗が体に残ってしまうと肌の上で蒸発し、乾燥につながります。パジャマは保湿や吸収性に優れているため、乾燥から肌を守ってくれるのです。夏は汗が原因であせもや湿疹ができてしまう・冬は肌の乾燥が気になるという方は、パジャマを見直してみましょう。
睡眠中は、肌の新陳代謝が活発になります。パジャマは、新陳代謝の妨げとなる汗や皮脂を吸収してくれます。肌の生まれ変わりが正常に行われると、ニキビや乾燥などの肌トラブルを予防し、美肌効果が期待できるのです。

パジャマが肌を守る+新陳代謝UP

■ポイントを抑えてパジャマを選ぼう


一口にパジャマと言っても、その素材はさまざま。デザインだけではなく、機能性や素材などもパジャマ選びには大切なポイントです。
パジャマを選ぶ際は、以下の3つをチェックしましょう。

1.パジャマの機能性をチェック

先ほどご紹介したように、人は睡眠中に多くの汗をかきます。その汗をしっかり吸収し、蒸れなどの不快感を抑えてくれるパジャマが最適です。
また、夏は通気性が良いもの、冬は保温性の高い素材を選びましょう。湿度や温度をうまくコントロールでき、快適さを保てるパジャマであることが重要です。

2.体が動かしやすいパジャマ

人は、睡眠中に何十回もの寝返りをうつと言われています。寝返りは、快適な睡眠に欠かせない要素のひとつです。締め付けがなく、十分なゆとりがある設計のパジャマを選びましょう。
フードが付いている服や、手首や足首に絞りがある服は、締め付けの原因となるため、パジャマとして使うのは控えた方が良いでしょう。

3.季節にあったパジャマの素材を選ぶ

春の夜は他の季節に比べて過ごしやすい気温です。オールシーズンに適したシルク素材が良いでしょう。
夏は、蒸し暑い夜が多いため、風通しの良いガーゼ素材のパジャマがオススメです。ガーゼは赤ちゃんの肌着としてもよく使用されるので、敏感肌の方でも安心して着用できます。
秋や冬は気温が下がるとともに、肌の乾燥も気になります。コットン素材の保温効果の高いコットン素材のパジャマがオススメです。コットン素材のパジャマは軽い着心地で、程よく体にフィットします。睡眠中の汗を吸収し、温度調整に優れているため、心地よく眠りにつけるでしょう。

■まとめ


心と体の疲労回復に大切な睡眠は、美容促進効果もあります。質の良い睡眠を心がけて美肌を手に入れましょう。
質の良い睡眠を目指すなら、気軽に取り入れられるパジャマがオススメ。素材や機能性をチェックして、睡眠をサポートしてくれるパジャマを選ぶことが美肌への近道です。