TOP > Column > 乱れた睡眠習慣を改善するのに良い秋

乱れた睡眠習慣を改善するのに良い秋

乱れた睡眠習慣を改善するのに良い秋


寝苦しい夏が終わり、気温が安定する秋がやってきました。夏の間は、慢性的な睡眠不足に悩まされた方もいるのではないでしょうか。
乱れた睡眠習慣を改善するのに一番いい季節は「秋」といわれています。
今回はその理由と睡眠の質を高めるメリットについてご紹介します。

  1. 【目次】
  2. 乱れた睡眠習慣を改善するのに良いのは秋
  3. 睡眠の質を高めるメリット
  4. パジャマを着てぐっすり眠ろう
  5. まとめ

■乱れた睡眠習慣を改善するのに良いのは秋

睡眠は体の機能を整えるのに大切なものにも関わらず、疎かにされがちです。
ここでは乱れた睡眠習慣を改善するのに秋が良いと言われている3つの理由をご紹介します。

 1.気候が安定している

夏は夜でも気温が高く寝苦しさで、途中で起きてしまうことがあります。一方、冬になると体が冷えて快眠できずに寝足りないと感じることはありませんか?
比べて秋は気候が安定しているため、寝苦しさや寒さを感じることはなく眠ることができます。

 2.秋の夜長が睡眠と覚醒のメリハリとなる

秋は夏に比べて日照時間が少しずつ短くなります。日照時間が短くなることで覚醒と睡眠を切り替えてくれる「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌が多くなり、睡眠の質を向上させることができます。朝はしっかりと日光を浴びて体内時計をリセットしましょう。

 3.秋は環境の変化が少ない

秋は春と違って新学期や新生活のような環境の変化が少ない季節。気候も安定して過ごしやすいだけでなく、精神的負荷が少ないことも睡眠習慣の改善に適している季節といえます。

■睡眠の質を高めるメリット

睡眠習慣を改善し、睡眠の質を高めることができれば、前向きな気持ちで1日を始めることができます。ここでは睡眠の質を高めるメリットについてご紹介します。

 ・美肌・美髪をつくる

睡眠の質を高めることで「成長ホルモン」が多く分泌されます。
成長ホルモンは体や脳を修復し、筋肉や骨の細胞を増やす役割があります。加えて肌や髪のダメージも修復し、肌のキメを整えたり、髪のツヤを出したりする効果もあるのです。美容と睡眠には深い関わりがあります。
それだけでなく、睡眠の質を高めることで免疫力も高まり、ニキビなどの肌トラブルも起きにくくなります。成長ホルモンは睡眠の質を高めれば高めるほど、たくさん分泌されるので睡眠環境を整えるようにしましょう。

 ・太りにくくなる

熟睡している間に分泌される成長ホルモンは別名「痩せホルモン」とも呼ばれています。成長ホルモンには体内に蓄積された脂肪を分解する働きがあり、一晩で約300キロカロリーの脂肪を分解します。逆に眠りが浅かったり・睡眠の質が悪かったりした場合は成長ホルモンの分泌が70%低下するともいわれています。

 ・記憶力向上

睡眠時は脳を休めるだけでなく、日中に経験した情報を整理して記憶を定着させる作業を行ってくれるのです。また、睡眠をしっかりと取ることで頭の回転が早くなります。

 ・ストレスフリー

睡眠とストレスには密接な関係があります。睡眠の質を上げることで気分がよくなるだけでなく血圧までも下げることができます。

睡眠の質を高めるメリット

■パジャマを着てぐっすり眠ろう


健やかな生活に欠かせないのが運動と食事、そして睡眠です。
上質な睡眠はあなたの心と体を支えています。そんな快適な睡眠をサポートするのが「パジャマ」なのです。ここではパジャマを着て眠るメリットについてご紹介します。

 ・寝つきがよくなる

(株)ワコールの実験で、20〜40代で普段パジャマに着替えないで就寝する男女30人に従来のスタイルで就寝した場合とパジャマに着替えて就寝した場合の寝つくまでの時間を計測しました。その結果、従来のスタイルでは寝つくまでかかった時間が平均47分でしたが、パジャマに着替えた場合は約38分でした。パジャマを着て寝ることで寝つくのにかかった時間は約9分短縮することに成功しています。
また、夜中に目覚める回数も減ることが分かっています。

 ・寝返りがうちやすくなる

人は一晩で20回前後寝返りをうつと言われています。寝返りは寝ている間に体の疲れをとり、体力を回復させるために重要なもの。寝ている間ずっと同じ姿勢でいると血行不良や筋肉の緊張を起こしてしまいます。この体にかかる負担を軽減するのが「寝返り」なのです。
この寝返りを妨げないように締め付けが少なく、適度なゆとりをもった形をしているのがパジャマなのです。

 ・脳と体が眠る準備に入りやすくなる

日常的に普段着からパジャマに着替えることで脳や体が眠りのモードに切り替えることができます。加えて普段着からパジャマへと着替えることでリラックス効果を得ることができるのです。
この行動を習慣化することでパジャマに着替えた時点で『そろそろ眠る』のだと体と脳が覚えることで自然と眠くなってきます。これを入眠儀式といいます。

■まとめ


寝苦しい夏が終わり、睡眠習慣を改善に適した季節がやってきました。
睡眠の質を上げることで日々のパフォーマンスを上げることができます。
より睡眠の質を上げたい場合はパジャマを着て眠りましょう。
パジャマは睡眠を取るために作られて服です。締め付けなく快適な睡眠を手に入れるためには、パジャマが必要不可欠です。