TOP > Column > 冬はお家でぽかぽか。暖かいルームウェア選びのポイント4つ

冬はお家でぽかぽか。暖かいルームウェア選びのポイント4つ

冬はお家でぽかぽか。暖かいルームウェア選びのポイント4つ


寒い冬は、せめてお家の中だけでも暖かく過ごしたいもの。「冬のルームウェアは暖かさ重視!」という人も多いですよね。では実際のところ、どのようなルームウェアだと寒さをしのげるのでしょうか。今回は、暖かさが得られるルームウェアの素材・デザイン・セットアイテムなどをくわしく探ってみましょう。

  1. 【目次】
  2. 暖かいルームウェアの特徴・選び方
  3. 冬の体調管理は暖かいルームウェアから

■暖かいルームウェアの特徴・選び方

暖かいルームウェアの特徴・選び方

暖かいルームウェアを選ぶためには、まず素材に注目することが大切です。ガーゼやシルクはサラッとしていて肌触りも柔らかですが、冬のルームウェアとしては少し暖かさが足りません。
一方、フリースやニットなどのふわっとした厚みのある素材は、保温性に優れていて冬に最適です。肌への刺激が気になるなら、肌に触れる裏地に綿100%の起毛素材を使用したコットンフリースがおすすめですよ。
寒いときに羽織りたくなるガウンは、表地がフリースで裏地がボアになっているフリースボア素材や、もこもことしたモールニットだと、より暖かさを実感できます。これからルームウェアを買う方は、ぜひ素材までチェックしてみてくださいね。

フリース一覧はこちら

襟つきデザインなら首元まであったか?

寒くなってくると、首元の冷えが気になってきますよね。首が冷えれば肩こりや頭痛の原因にもなってしまうもの。そこで取り入れたいのが、襟つきのルームウェアです。スタンドカラーやショールカラーなど、ボリュームのある襟がついていれば、ネックウォーマー並の暖かさを実感できます。
また、フードつきのルームウェアも首元をしっかり暖めてくれます。寒いときはフードをすっぽり被れば、頭や耳元まで暖かく過ごせますよ。

お腹の冷え対策にはチュニック丈のセットアップを

お腹周りが冷えると血液の巡りが悪くなり、全身の冷えまで感じやすくなります。そんなお腹の冷え対策には、チュニック丈のトップス×ボトムスのセットアップがおすすめです。チュニックはお尻まですっぽり覆ってくれるため、お腹や腰を冷やすことなく快適に過ごせます。
しかもお尻を隠すことで、気になる体型もしっかりカバー。ちょっとした来客時、荷物の受け取り時などにも、着替えることなくサッと対応できます。

チュニック一覧はこちら

袖口や足口が肌にフィットしている

袖口や足口が大きく開いていると、そこから冷たい空気が入って冷えてしまうことがあります。
夏場はそのほうが涼しく過ごせますが、寒い冬はできるだけ袖口や足口が肌にフィットしているデザインを選んだほうがいいでしょう。ゴム口タイプなら、さらに冷えをシャットダウンできて安心です。
ただし、袖口や足口が窮屈だと手首や足首が痛くなってしまいます。程よくゆとりのある、ちょうどいいサイズを選んでくださいね。

冬の体調管理は暖かいルームウェアから

■冬の体調管理は暖かいルームウェアから


冬はお家で過ごすことが多い分、ルームウェアを着ている時間も長くなります。だからこそ、暖かいルームウェアを選ぶことは体調管理のためにも大切です。冬の厳しい寒さを乗り越えるために、身も心も暖めてくれるルームウェアを探してみてはいかがでしょうか。

激あったか一覧はこちら