TOP > Column > 人気の高いパジャマにみる3つのポイントとは?自分に合ったパジャマを選ぶために

人気の高いパジャマにみる3つのポイントとは?自分に合ったパジャマを選ぶために

人気の高いパジャマにみる3つのポイントとは?自分に合ったパジャマを選ぶために


みなさんは、普段どんなパジャマで睡眠をとっていますか?
パジャマ選びにこだわる人もいれば、そうでない人もいるでしょう。

パジャマは睡眠の質を左右する重要なアイテムであり、自分に合わないパジャマで寝ていると寝つきの悪さや眠りの浅さにつながります。

今回は、パジャマ選びに失敗しないため、人気のパジャマにみる選び方のポイントをご紹介します。

  1. 【目次】
  2. ポイント@着心地
  3. ポイントA素材
  4. ポイントB機能性
  5. 「質の高さ」がパジャマの人気を左右する!
  6. まとめ

■ポイント@着心地

人は睡眠時、何十回も寝返りを打つといわれています。着心地が悪いと、寝返りで動くたびに目覚めてしまい、質の高い睡眠をとることができません。
着心地の良さは、人気の高いパジャマの条件として欠かせないポイントなのです。

着心地が良いパジャマとは、寝返りの動きを妨げない適度なゆとりのあるものです。しめつけが少ないことはもちろん大切ですが、 ゆとりがありすぎても、もたついたり体を冷やしてしまうことがあります。体への程よいフィット感があるパジャマを選びましょう。

また、毎日洗濯をしても丈夫なパジャマであるかどうかも重要なチェックポイントです。パジャマは直接素肌に触れるため、汗や皮脂などの汚れがつきやすいもの。 毎日の洗濯によって型崩れしない、お手入れがしやすいものを選びましょう。

着心地が良いと感じる基準は人によって全く異なります。よく眠れる素材やサイズ感を知っておきましょう。

■ポイントA素材

パジャマは肌に直接触れるため、その肌触りの良し悪しがとても大切です。人気のパジャマは絶妙な肌触りで体を包み込み、快眠をサポートします。
こちらでは、「肌触りが良い!」と人気のパジャマの生地の種類、その特徴をご紹介します。

*繊維の種類*

●綿

綿は、種子からとられる種子毛を原料にした繊維です。吸湿・吸水性に優れた繊維として、肌着や下着などに多用されています。水に濡れると強度が増すという特徴をもっているため、パジャマに適した素材です。

●シルク

シルクは、蚕の繭から作られるタンパク質でできた天然繊維です。タンパク質は人の肌に近い成分であるため肌なじみが良いのが特徴で、やわらかく伸縮性があります。吸湿・吸水性も高く、着心地抜群の素材です。

●麻

麻は、2m以上もの背丈がある植物の茎から採取した繊維です。天然繊維の中でももっとも強度がある繊維といわれ、とても丈夫なのが特徴です。吸湿・吸水・放湿性に優れ、夏の衣類によく用いられる素材です。

*生地の種類*

〇二重ガーゼ

吸湿・放湿・通気性に優れた生地です。上質なガーゼ素材で、着れば着るほど、そして洗うたびにやわらかさが増して肌になじみます。

〇天竺

Tシャツなどによく使われる生地で、動きやすいのが特徴です。さらっとした肌触りで軽やかさがあり、通気性が良いのも魅力。薄地なので、夏のパジャマの生地として多用されます。

〇スムース

両面編みで、表も裏も同じように見える生地です。ソフトでなめらかな肌触りが特徴で、伸縮性の高さが魅力です。生地がしっかりしているため、ロングシーズン重宝されます。

〇サテン

サテン素材は、繻子織といわれるなめらかで光沢のある生地のことです。その原料は綿やポリエステル、ナイロンなどさまざまで、繊維の種類によって多彩な魅力・特徴をもちます。

人気の高いパジャマにみる3つのポイントとは?自分に合ったパジャマを選ぶために

■ポイントB機能性

日本には四季があり、季節によって寒暖差が大きいのが特徴です。つまり、そのシーズンに合った機能性をもつパジャマを着ることが、快眠実現には欠かせません。

●春

春は冬の寒さがまだ残るシーズンでありながら、気温がぐっと上がって寝苦しさを感じる日もある季節。適度な保温性がある素材で温かさを維持しつつも、蒸れないように吸湿性が高いものを選びましょう。とくに天然の綿素材は吸湿性・保温性ともに優れているため、春パジャマにおすすめです。

●夏

夏は蒸し暑い日が続くため、寝苦しさを感じやすい季節。血流や汗による体温調節をうまくサポートするパジャマを選びましょう。ポイントは、吸水速乾性の高さ、通気性の良さ、優しい肌ざわりの3つです。天然繊維の麻や綿、絹などがおすすめです。汗をうまく吸収し、熱を放出して暑さを和らげてくれます。

●秋

秋は少し肌寒さを感じる日もあれば、夏のようなジメジメした暑さを感じる日もある季節。保温性や吸水性があり、体温調節がしやすいパジャマを選ぶのがおすすめです。秋に人気のパジャマの素材は「綿」。適度に保温性があり、吸水性にも優れています。

●冬

冬は室内にいても寒さを感じる季節。体を冷やさないように、温かさをキープできる冬用のパジャマを用意するのがおすすめです。人気なのは、綿やシルク繊維のパジャマです。保温性だけでなく吸湿性にも優れているため、蒸れずに快適な睡眠をとることができます。

■「質の高さ」がパジャマの人気を左右する!

心地よい睡眠を実現するためには、着心地・素材・機能性を備えたこだわりのパジャマを選ぶ必要があります。つまり、パジャマそのものの”質の高さ”が快眠実現に欠かせないポイントといえるのです。
パジャマの質と価格は比例するため、質にこだわる=価格も上がります。しかし、高級で着心地の良いパジャマを着ていると、寝心地が良いだけでなく着ているだけで気分もぐんとアップします。

Narueで用意しているパジャマは、大人可愛いデザイン性の高さはもちろん、パジャマそのものの質にこだわっています。 季節にぴったりの素材をふんだんに使っているため、機能性抜群。心地よい肌ざわりであることも人気のポイントで、質の高い睡眠へと誘います。

こちらからNarueのパジャマをぜひチェックしてみてください。

■まとめ


質の高いパジャマは、着心地・素材・機能性に優れた最高の一着です。睡眠は毎日溜まっていく疲れをリセットし、気持ちをリフレッシュさせてくれるもの。心地よい眠りを実現するために、質にこだわったパジャマ選びをしてみてください。