TOP > Column > 知ってる?パジャマとルームウェアの違い

知ってる?パジャマとルームウェアの違い

知ってる?パジャマとルームウェアの違い


みなさんは、パジャマとルームウェアを使い分けていますか?そもそも、2つが異なる用途で作られているのはご存知ですか?

あまり分ける重要性が知られていませんが、実は用途ごとに分けて使った方がいいのです!今回は、パジャマとルームウェアの違いについてと分けるべき理由、2つそれぞれの選び方についてご紹介していきます。

  1. 【目次】
  2. パジャマとルームウェアってどんなもの?
  3. パジャマとルームウェアを分けるべき理由
  4. 過ごしやすいルームウェア・寝心地のいいパジャマの選び方
  5. まとめ

■パジャマとルームウェアってどんなもの?

パジャマとルームウェアを同じものとして捉えている人が意外といますが、実はまったく違うもの。具体的には、その役割が異なります。

ルームウェアは「部屋着」であり、室内で着ることを目的として作られています。そのため、くつろげる衣服=昼夜問わず着る服全般のことを指しています。

対してパジャマは寝間着という意味で、快適な「睡眠」をサポートするための衣類として作られています。

つまり、部屋にいるときには基本的にルームウェアを着て、寝るときまたはお風呂上がりにパジャマに着替えるのがおすすめなのです。

パジャマとルームウェアには他にも違いがあります。

パジャマは快適な睡眠をサポートすることを目的に作られていることに対し、ルームウェアはリラックスして部屋の中でくつろげるようにと作られているのが特徴です。

また、ルームウェアはある程度外にも着ていけるような雰囲気のものもありますが、パジャマは外に着ていくことは考えられていません。

パジャマはあくまでも「質のいい睡眠をとるため」に作られているものです。お風呂に入って「さて、寝るぞ」というときに着用するようにしましょう。

■パジャマとルームウェアを分けるべき理由

パジャマとルームウェアを分けるべき理由

本来は用途がまったく異なるパジャマとルームウェアですが、面倒だからと分けていない人が大勢います。しかし、これら2つは分けた方がさまざまな点でいいことがあります。

では、どんな理由があるのでしょうか。早速みていきましょう!

@パジャマに着替えることで眠りのスイッチが入るから

まずは、パジャマに着替えることで眠りへのスイッチが入るという理由。いわゆる「スリープセレモニー」といって、ルームウェアからパジャマに着替えることで、自然と気持ちも切り替えられるのです。

毎日ルームウェアからパジャマへの着替えを続けることで、自然と脳へも染み付いていきます。スリープセレモニーを行うことで、入眠しやすくなるでしょう。

もし眠りの質に悩んでいるなら、とくに取り入れることをおすすめします。

Aルームウェアには生活臭が染み込んでいるから

ルームウェアは昼夜問わず、1日中着ている部屋着です。ごはんを作っているときも、テレビを観ているときも着ていますよね。そのため、思った以上に生活臭が染み込んでいます。

それをそのままベッドに持っていってしまっては、ベッドにも生活臭が染み込んでしまうことに。もちろんルームウェアも定期的に洗ってキレイにはしているはずですが、寝るときにはパジャマに着替えた方がよりキレイな状態で寝られるというわけです。

Bルームウェアは寝るときのことを考えられていないものがほとんどだから

ルームウェアはリラックスして日中を部屋で過ごせるように、パジャマは快適な睡眠を取れるように、と用途を分けて作られているのが基本です。そのため、ルームウェアは寝るときのことを考えられていないものがほとんどといえます。

たとえば、リラックスできるものの、装飾が付いているルームウェアもたくさん登場しています。それらは日中過ごすには何ら問題はありませんが、寝るときには寝返りを打つときに邪魔になってしまう可能性があります。

また、ルームウェアとしては適している素材でも、寝るときには暑すぎたり涼しすぎたりする場合もあるといえます。

Cパジャマは寝ている間のことを考えられた作りだから

その点、パジャマは寝ている間のことだけを考えられた作りをしています。寝返りの打ちやすさや吸湿性など、機能が優れているものがたくさんあります。

ただし、季節によって適した素材感が異なるので、パジャマもシーズンごとに吟味して選ぶことをおすすめします。

■過ごしやすいルームウェア・寝心地のいいパジャマの選び方

最後に、過ごしやすいルームウェアと寝心地のいいパジャマの選び方をご紹介します。

◇ルームウェアの選び方

ルームウェアを選ぶときには、まず「動きやすさ」を確認しましょう。家でリラックスして過ごすためには、締め付けの多いデザインでは身体を休ませきれません。

また、「外に着ていくことも考えたデザイン」を選ぶことをおすすめします。コンビニまで行く、宅配便が届いたから受け取るといったちょっとした用事も、ルームウェアのまま過ごせたら楽ですよね。

◇パジャマの選び方

寝るときに着るパジャマは、選ぶときには締め付けのないデザインかどうかを確認しましょう。締め付けがあると睡眠の質を落としてしまう原因になってしまうからです。

また、吸湿性や通気性に優れているかどうかもチェックポイントです。寝ている間は思っている以上に汗をかきます。そのため、これらの性能に優れていないと、汗が衣服の中にこもって肌荒れや睡眠の質の低下につながる可能性が高くなります。

そして、肌触りがいいかも大切です。スルリと着られるパジャマの方が着心地がよく寝やすいことは明らかですよね。

■まとめ

あまり区別がついていない人の多いルームウェアとパジャマ。しっかり分けることでより質のいい睡眠が取れるようになるでしょう。

今日からパジャマとルームウェアを分けて着てはいかがでしょうか?