TOP > Column > 持っていく?旅行のときにパジャマを準備すべき理由

持っていく?旅行のときにパジャマを準備すべき理由

持っていく?旅行のときにパジャマを準備すべき理由


あなたは、旅行のときにはパジャマを持っていきますか?

宿泊施設がホテルや旅館の場合は、泊まるところにパジャマや浴衣の用意があるから持っていかないという人も多くいるのではないでしょうか。

しかし、旅行のときにもパジャマは準備しておくべきです!
今回は、旅行の際のパジャマを持っていく派・行かない派の意見を踏まえつつ、持っていくべき理由とパジャマの選び方についてご紹介します。

  1. 【目次】
  2. 旅行のとき、パジャマは持っていく?
  3. 旅行のときにパジャマを持っていった方がいい理由
  4. 旅行に持っていくパジャマの選び方
  5. まとめ

■旅行のとき、パジャマは持っていく?

◇持っていく派の意見

「いつもと同じパジャマじゃないと安心して眠れない」という理由から旅行にパジャマを持っていく人が多くいます。

また、「ホテルに付いている浴衣だと安眠できない」と感じ、睡眠の質を確保するために着心地のいいパジャマを持参している人も。

肌が弱い人は、肌質の良さにこだわって選んだパジャマではないと、肌が荒れてしまうという理由もありますよね。

そして、「はだけるのが心配だから」という理由で自分のパジャマを持っていく人も意外と多くいます。とくに、浴衣やローブタイプのものははだける可能性が高く、寝ている間にお腹が冷えることにもつながってしまいます。

◇持っていかない派の意見

対して、持っていかない派の人が多くいることも事実。

持っていかない派の人からは、「かさばるから」「荷物を少なくしたいから」「部屋についている浴衣を着るので十分だから」という意見が多く聞こえます。

■旅行のときにパジャマを持っていった方がいい理由

どちらの意見も踏まえたうえでいえるのは、「コンパクトなものでいいから旅行のときにはパジャマを持っていった方がいい」ということです。では、なぜ持っていった方がいいのでしょうか。

@海外のホテルにはパジャマがないこともある

日本のホテルにはあまりありませんが、海外のホテルにはそもそもパジャマが備えつけられていないことがあります。

事前にホームページをチェックすることで、到着してから「パジャマがなかった」という事態は回避できますが、いざというときのためにも、自宅からパジャマは持っていった方がいいといえるでしょう。

A部屋についている浴衣ははだけて冷えてしまうことがある

部屋に置いてあるのは薄手の浴衣である場合が多く、それだけでははだけて身体が冷えてしまう可能性があります。身体が冷えると質のいい睡眠は取れません。自分の身体をしっかりあたためるためにも、パジャマは家から持参した方がいいのです。

Bパジャマを着ることで安眠効果を得られる

パジャマを着ることで眠りにつきやすくなります。パジャマはそもそも、「質の良い睡眠を実現する」ことを目的として作られるものです。寝返りのしやすさ、吸湿性・速乾性の高さなど、機能性が抜群!パジャマを着て寝ることで、高い安眠効果に期待ができるのです。

■旅行に持っていくパジャマの選び方

旅行に持っていくパジャマの選び方

最後に、旅行に持っていくパジャマの選び方についてご紹介します。

@かさばらないものであること

旅行中は、衣類の他にも持ち歩くものがたくさん。荷物がかさばることだけは避けたいですよね。そのため、ゴワつきやすい厚手の素材のパジャマは適していません。

まずはかさばらないものであることがパジャマを選ぶうえで重要といえます。

Aシワになりにくい素材であること

旅行をするときには、手持ちのボストンバッグやキャリーケースに荷物を入れて持ち歩くのが一般的です。カバンの中に荷物を入れるためには畳む必要があり、シワのつきやすい素材だとその際に畳みジワがくっきりと残ってしまいます。

自分だけの部屋であれば、誰かに見られる心配もないためあまり問題ではないかもしれませんが、シワシワのパジャマではあまり気分があがらないですよね。

できるだけシワになりにくい素材を選ぶことをおすすめします。

Bスッキリとしたシルエットであること

スッキリとしたシルエットであることも、旅行時のパジャマ選びにおけるポイントです。シンプルなデザインの方が持ち運びにも便利ですし、寝るときの邪魔になりません。

質のいい睡眠を取れるようにシルエット選びにもこだわりましょう。

C行き先に合った素材であること

旅行先や旅行時期によって気温が異なります。気温が異なるということは、適したパジャマの素材も変わるということ。行き先に合った素材であるかどうかをチェックしましょう。

とはいえ、旅行にいく季節が決まっている人はいませんよね。なので、素材違いのものをいくつか用意しておき、行く先に合ったものを持っていくようにするのがおすすめです。

D軽いこと

かさばらないことと同じように、軽いことも重要です。いくらいい素材でも重たかったら荷物の重量に影響してしまいます。

衣服は1つずつは軽くても、まとまるとずっしり重みを感じてしまうものです。なるべく軽く持ち運べるものを選びましょう。

E洗濯できるものであること

旅行する長さによって、旅行期間中に洗濯をすることも出てくるでしょう。そのため、持っていくパジャマは洗濯できるものであることが大切です。洗濯できない素材はそもそもパジャマにはなりにくいですが、縮みやすいものやシワがつきやすいものは避けた方が賢明です。

■まとめ

素材選びや軽さを重視して選べば、旅行のときのパジャマも邪魔になりません。

旅行先でもぐっすり眠れるよう、旅行用のパジャマを準備しておくことをおすすめします!