TOP > Column > 寝るときにパジャマが必要な理由と選び方

寝るときにパジャマが必要な理由と選び方

寝るときにパジャマが必要な理由と選び方


寝ているときにはどんな衣服を着ていますか?Tシャツやスウェット、もしくは着なくなった洋服を寝るときの衣類に回している人も多いのではないでしょうか。

しかし、質のいい睡眠を取るためには、パジャマを着た方がいいのです!
今回は、寝るときにパジャマが必要な理由と選ぶときのポイントをまとめてご紹介します。

  1. 【目次】
  2. 寝るときにパジャマが必要な理由とは?
  3. パジャマは何着くらい持っておくのがベスト?
  4. パジャマを選ぶときに大切なポイント
  5. まとめ

■寝るときにパジャマが必要な理由とは?

寝るときにパジャマが必要だとされている理由はいくつかあります。

@パジャマを着ることで体が眠る準備に入る

まずは、スムーズに入眠準備に入れるという点です。

「スリープセレモニー」といって、パジャマに着替えることで寝るスイッチを押すことができます。パジャマに着替えることが儀式となり、それがきっかけとなって脳も睡眠に向けて自然と切り替えができるので、しっかり睡眠が取りやすくなるのです。

A寝ている間の汗をしっかり外に排出してくれる

寝ている間には、かなりの量の汗をかくといわれています。そのため、汗をしっかり外に排出しなければなりません。

汗を外に出せない服を着ていると、熱がこもってしまったり、肌荒れの原因になってしまったりと、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。それらを予防するためにも、「パジャマ」を着た方がいいというわけです。

B身体を冷やさずに済む

汗をかいたまま放置してしまうと、身体を冷やす原因を作ってしまいます。身体を冷やしてしまうと、体調を崩すことにもつながります。

パジャマを着ることで、汗を外に排出してくれたり体温調整をしやすく整えてくれたりするので、身体を冷やさずに済むのです。

Cリラックスして眠れる

パジャマを着ることで、リラックスして眠れるようにもなります。パジャマは、締め付けや余計な装飾などがなく、心地よく身体を包み込んでくれるシルエットになっているので、安心して眠れるようになるでしょう。

D寝つきがよくなる

パジャマは睡眠を邪魔する要素がないので、「リボンが気になって眠りにくい」「寝返りが打ちづらい」といった悩みを抱えることも無くなります。

そのため、睡眠の質が上がり寝つきがよくなるのです。寝つきの悪さに悩んでいる場合は、パジャマを一度着てみるのがおすすめです。

■パジャマは何着くらい持っておくのがベスト?

パジャマは寝ている間の汗を吸ってくれているので、できれば毎日洗濯したいところ。では、何着持っておくのがベストといえるのでしょうか?

毎日洗濯して同じものをずっと着るのもいいですが、乾かなかったときのことも考えると、最低でも2枚持っておくのがいいでしょう。

2枚の場合は毎日洗って着まわし、ヨレて使い勝手が悪くなってきたら買い換えるという方法がおすすめ。ただし、やはり余裕を持って3?4枚持っておくと便利です。

暑い時期と寒い時期でパジャマの素材を変える場合は、各2枚ずつ、合計4枚あるといいでしょう。

■パジャマを選ぶときに大切なポイント

パジャマを選ぶときに大切なポイント

最後に、パジャマを選ぶときにみるべきところをまとめてご紹介します!

@季節に合った素材感

まずは、季節に合った素材感であるかどうかです。パジャマの素材としておすすめなのは、綿・シルク・麻など。その中で、シーズンごとに外気や部屋の温度・湿度の状態を見つつ選ぶのがいいでしょう。

また、保湿性、通気性があるかもチェックして選ぶことをおすすめします。寝ている間の汗がパジャマの中にこもってしまわないか、乾燥してしまわないかなど、欠かせない性能についても考えましょう。

A動きやすさ

続いては、動きやすさです。

締め付けがありすぎると動きにくく、質の高い睡眠を妨げてしまうことも。大きすぎず小さすぎず、リラックスして寝返りを打てるサイズ感のものを選ぶようにしましょう。

B肌ざわりがいい

肌ざわりがいいこともパジャマ選びの大切な要素のひとつです。

肌ざわりの良さは、着ているときの心地良さやどれだけリラックスできるかに関わってきます。そのため、自分が「気持ちいい」と感じる素材を選ぶことが重要なのです。

C洗濯のしやすさ

毎日着て、毎日洗濯をするパジャマだからこそ、洗濯のしやすさも外せないポイントです。

そもそも洗濯のしにくいパジャマはあまり流通していませんが、縮みにくさやシワになりにくさも重視して選べるとストレスなく洗濯ができるでしょう。

D脱ぎ着しやすい

パジャマは寝る前に着て、朝起きて脱ぐもの。着脱がしにくいものだと、毎日着ることが段々と面倒になってきてしまうはずです。

脱ぎ着しやすいものを選ぶことで、イライラを感じることなく毎日を過ごせるようになるでしょう。

■まとめ

パジャマは質のいい睡眠をとるためには必須のアイテムです。

ずっと同じものを着ていたり、ルームウェアと分けていなかったりすると、菌が繁殖しやすくなってしまう可能性も高まります。せっかくお風呂に入ったのに、汚いパジャマに袖を通すのは嫌ですよね。

何枚かお気に入りのパジャマを購入して、体が安眠できる状態を整えてあげましょう。